かのお歯科&矯正歯科の一般歯科

「一般歯科」とは、主にむし歯や歯周病の治療を行なう診療メニューを指します。むし歯も歯周病も、悪化すると歯を失うこともある恐ろしい病気です。藤沢駅前の歯医者「かのお歯科&矯正歯科」では、カウンセリングを重視して患者様に合わせたむし歯・歯周病の治療を行なっています。

むし歯の症状と治療法

一口に「むし歯」と言っても、その症状や進行度によって対処法は変わります。放置しても自然治癒はせず悪化するだけなので、できるだけ早めに治療することが大切です。こちらでは、むし歯の症状に応じた治療法をご紹介します。

初期のむし歯

初期の虫歯

むし歯とは、むし歯の原因菌によってつくられた酸によって歯が溶けてしまう症状を指します。一度溶けて穴があいてしまった歯は自然に元通りになることはありません。しかし、初期段階であれば、だ液に含まれるカルシウムによって元通りになる「再石灰化」が起こります。

対処法:適切なブラッシングやフッ素塗布

ごく小さなむし歯

ごく小さな虫歯

初期むし歯の状態を放置していたり、歯を磨かずにいたりすると、酸によって歯の表面のエナメル質が溶け、穴があきます。こうなるともう元通りには戻りません。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

対処法:むし歯に冒された部分を削り、レジンを詰める

小さなむし歯

小さな虫歯

むし歯が進行すると、エナメル質の内側にある象牙質まで冒されてしまいます。そうなると冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。むし歯の範囲が大きくなるため、レジンを直接詰めるのは難しくなります。

対処法:むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補う

大きなむし歯

大きな虫歯

むし歯が進行し、歯髄(歯の神経)までむし歯が進行した状態です。ここまで進行すると、熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

対処法:神経を除去し、根管治療を行う

【根管治療とは】

歯の神経が死んでしまうような段階までむし歯が進んだ場合、細菌に冒された神経を除去し、神経が通っていた根管を洗浄する処置が「根管治療」です。根管治療は建物を建てるときの土台のように、歯の基礎になります。

歯周病の症状

歯周病とは、細菌によって炎症が起き、顎の骨が溶けて歯がグラグラになってしまう病気です。むし歯は激しい痛みがある代わり、重度のものでなければ詰め物で回復させることができますが、歯周病は痛みがほとんどなく、歯がグラつきはじめると元通りにするのが困難です。日本人が歯を失う原因の第一位とされています。

歯周病の進行段階
進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯肉に炎症が起きている状態です。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態です。歯肉が腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態です。歯を指で押すとグラつきます。歯肉の腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなります。歯肉が下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯肉の境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の治療と予防(細菌と炎症のコントロール)

歯周病の適切な治療・予防のためには、細菌と炎症のコントロールを行うことが重要です。歯周病の原因菌がお口に残らないよう、まずはしっかり検査を受けましょう。

プラークコントロール
歯周病治療では、原因である歯垢プラークを減らす必要があります。具体的には歯磨きで歯垢の増殖を抑制しコントロールしていきます。これをホームケアと言い治療結果の良し悪しを左右します。非常に重要なものです。
PMTC
歯科医師・歯科衛生士などのお口のプロが行う専門的なお口のクリーニングです。徹底的にバイオフィルムを除去し、細菌が付きにくい環境に仕上げます。
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行う治療法です。「スケーラー」という器具を使って普段のブラッシングでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去する方法です。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げます。
歯周外科
スケーリング・ルートプレーニングでは治療が難しい場合に行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯肉を切開し、歯周ポケット内のプラークや歯石、感染した組織を除去します。
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯肉を切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。
再生治療
歯周病によって失われてしまった組織を再生させる治療法です。専門医と連携、特別な薬剤を使用し、失ってしまった組織の再生を促します。
PICKUP

かのお歯科医院が藤沢の方々から選ばれている理由

かのお歯科医院が掲げている診療コンセプトはこちら